[L102-ME04]
授 業 期 間 2022年度 前期 授 業 対 象 指定なし(OT専攻を除く) 水2
科  目  名
大学基礎演習 (大学生としての学び方)
(Academic Skills Seminar)
科 目 責 任 者 大極 光太 単  位  数 1単位
担  当  者 大極 光太
授 業 の 目 的

文章・レポートの書き方の基礎を身につける。

教 育 内 容

大学生が身につけるべき基本のうち,アカデミックスキルを取り上げる。大学でのレポー トの書き方が分からないという人のために,必要な資料を収集し,読み,理解し,レポートを書くための方法を教える。また, 教員が添削をするのではなく,学生が自分自身で添削できる方法を扱う。

教 育 方 法

文章とレポートの書き方についての講義と演習を行う。

準 備 学 習
(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習の時間:15 時間】


予習:事前にその回のシラバスに目を通し、予習課題があればそれを行う。
復習:授業中に取ったノートを見直し、授業の内容を復習し、疑問点がないか確認する。疑問点があれば質問する(メー ル可)。授業の進路に合わせてレポートを書き進める。


授業時間外学習(予習・復習)に要する時間は 15 時間である。

担当者 項目 授業内容
1 大極
【対面】

オリエンテーション

授業の内容、授業の進め方、成績評価の仕方、受講上の注意等の説明を行なう。

2

実験ノート・レポートの書き方①

実験ノート・実験レポートの書き方を演習で学ぶ。

3

実験ノート・レポートの書き方②

簡単な実験を実際に行い,実験ノートと実験レポートを書く。

4

実験ノート・レポートの書き方③

実験レポートを添削する。

5

レポートの書き方①

一般的なレポートの種類と,書くときの心得を紹介する。

6

レポートの書き方②

レポートの作成手順とメッセージ(目標規定文)の決め方を紹介する。

7

レポートの書き方③

情報収集の仕方(文献調査,テキストの読み方,ノートの取り方)を紹介する。

8

レポートの書き方④

構成表(アウトライン)と三部構成(序論・本論・結論)を理解する。

9

文章の書き方①

文章の構造と形式,順序と階層を理解する。

10

文章の書き方②

文章の基本原則,ロジックを理解する。

11

レポートの書き方⑤

推敲の基本的なやり方を紹介する。

12

演習①

これまでの内容を演習形式で確認する。

13

演習②

これまでの内容を演習形式で確認する。

14

確認テストとまとめ

これまでの内容の確認テストを行い,解説する。

15

個別指導

個々の履修者の質問等に答える。

到 達 目 標

簡潔でわかりやすい文章を書くことができる。
レポートを作成する,自分で添削することができる。

成 績 評 価 の
方 法 と 基 準

試験方法:その他    実施時期:試験期間外

成績評価はレポート等の課題(60%)と授業時間内で行う確認テスト(40%)で行う。欠席した場合は欠席回数に応じて減点する。全授業回数の3分の1以上欠席した者に対しては、単位を出さない。詳細は初回の授業時に説明する。

学 生 へ の
メ ッ セ ー ジ
(その他注意等)

大学での勉強の仕方に不安がある人,これまで読み書きの訓練が十分ではなかったと思っている人,そういった人が履修することを想定している。基本的な話なので,多少とも訓練を積んだ人には適していない。他の大学基礎演習とは異なり,履修者の抽選を行わない人数制限なしの授業のため,演習よりも講義中心の授業になる。授業の出席確認,課題の提出はGoogleフォーム,またはGoogleクラスルームを使用する。レポートの作成はパソコンの使用を前提としている。履修希望者は必ず第1回目の授業に出席し、説明を聞いてから履修を決めること。

教科書・参考書 書 名 著 者 名 出 版 社 名 定 価(円)
教科書

レポート作成のためのガイドライン

(入学時に無料配布)

北里大学 編
参考書

新版 論文の教室 レポートから卒論まで

戸田山和久 NHKブックス 1,320円
参考書

レポートの組み立て方

木下是雄 ちくま学芸文庫 780円
参考書

数学文章作法基礎編

結城浩 ちくま学芸文庫 950円