[L101-HC06]
授 業 期 間 2022年度 後期 授 業 対 象 指定なし 木1or木2
科  目  名
芸術の楽しみB (舞台芸術論〜戯曲・演劇からオペラへ)
(Fine Arts and Music B)
科 目 責 任 者 安川 智子 単  位  数 2単位
担  当  者 安川 智子
授 業 の 目 的

演劇、オペラ、バレエ、ミュージカル、あるいは日本の古典芸能から漫才まで。この授業では、現在でも楽しまれている舞台芸術を、広く「舞台の上で展開される芸術」としてとらえ、主に音楽にかかわる舞台芸術を、オペラの型を出発点に学び、新たな世界へと繋げていくことを目的とします。オペラは、声楽(独唱・重唱・合唱)、オーケストラ、台本や舞台美術がひとつになった、総合的な音楽芸術です。また今日身近に楽しむことのできるミュージカルの基盤を作ったのもオペラです。様々な舞台芸術作品を素材として、題材や台本テキスト、作品の背景や歴史、作曲家やパフォーマーについて学び、普遍的なストーリーの魅力と、音楽の役割について考えます。同時に、社会人としてのコミュニケーションに有用な、教養としてのオペラの知識を身につけることが目的です。

教 育 内 容

それぞれの作品解説と鑑賞のほか、1600年頃にヨーロッパで生まれたオペラが、20世紀初頭に英語圏で発展したミュージカルへとつながるまでのオペラ史を概観し、その他の重要な作曲家や音楽作品も関連して取り上げます。芸術の楽しみAを受講した学生にとっては、前期の復習と連関性を意識することで、より理解が深まります。音楽の構造や作品の楽しみ方、また作品の時代背景や作曲家について解説するとともに、作品の基礎となった演劇や神話、歴史や文学作品についても理解を深めます。

教 育 方 法

教材はプリント(pdf)を配布し、参考書を活用します。講義、鑑賞を経て、毎回コメントフォーム(MoodleまたはGoogle Form)に考えを書く時間をとります。質問やよいコメントについては、Moodleで回答または紹介します。これらのコメント記述や講師からのフィードバックは、そのまま計3回の小テスト(レポート)作成のための準備・練習となります。小テストは、約5回ごとに課題を設定します。

準 備 学 習
(予習・復習)

【講義時間外に必要な学習の時間:60時間】

予習:取り上げる作品のあらすじについて、事前に確認しておく。オペラの中の名曲について、CDやナクソス・ミュージック・ライブラリー、You Tube等で聴いておくとよい。予習時間として、毎回1時間程度が期待される。

復習:授業内で紹介した舞台芸術作品を積極的に教養図書館のCD、DVDやインターネット等で鑑賞し、紹介した参考文献を少しでも手に取って読んでみる。復習時間として毎回2時間程度が期待される。

その他レポート作成に要する時間も含めて、計60時間の授業時間外学習が期待される。

担当者 項目 授業内容
1 安川
【オンライン】

授業ガイダンス

授業内容や進め方についてのガイダンス。現代の舞台芸術について。

2

オペラの基礎知識

オペラとは何か。オペラとミュージカルの違い

3

モーツァルトのオペラ(1)《フィガロの結婚》《ドン・ジョヴァンニ》《コジ・ファン・トゥッテ》

モーツァルトのオペラの全体像と、オペラの基本的な型について。イタリア語のオペラ。

4

モーツァルトのオペラ(2)《魔笛》

ドイツ語のオペラ。ジングシュピールとその楽しみ方。

5

モーツァルトのオペラ(3)《魔笛》の続きとまとめ

復習と第1回小テスト

6

19世紀のオペラ(1)ヴェルディ《ラ・トラヴィアータ》(椿姫)

19世紀オペラの特徴とイタリア・オペラの型について

7

19世紀のオペラ(2)ビゼー《カルメン》

フランス語のオペラ。パリの劇場とオペラのジャンルについて。

8

19世紀のオペラ(3)ヴァーグナー《タンホイザー》

ドイツ語オペラ。ヴァーグナーのオペラ改革。音楽による物語の表現方法について。

9

19世紀のオペラ(4)まとめ

復習と第2回小テスト

10

20世紀の舞台芸術(1)英米の古典ミュージカル

ミュージカルの起源と特徴。《ウェストサイド・ストーリー》《レ・ミゼラブル》ほか

11

20世紀の舞台芸術(2)日本のオペラ、古典芸能

日本の民謡や古典芸能を取り入れた新たなオペラや舞台芸術

12

20世紀の舞台芸術(3)バレエ、ダンス

クラシック・バレエからコンテンポラリー・ダンスまで、踊りを核とした舞台芸術について。

13

20世紀の舞台芸術(4)最先端のミュージカルほか

最後に提出する小テスト(レポート)のために自分で取り上げる舞台芸術作品を選びましょう。

14

劇と音楽と舞台芸術

講義全体のまとめとレポート作成(第3回小テスト)

15

レポート提出とフィードバック

レポートとそれについてのまとめ

到 達 目 標

1)西洋音楽や演劇の基礎知識を習得する。2)各時代を代表する優れたオペラ作品を深く理解する。3)オペラ・ミュージカル作品を鑑賞する素地を作る。

4)現在の音楽・舞台芸術に関心をもち、その進む方向性について考え、評価することができる。

成 績 評 価 の
方 法 と 基 準

試験方法:その他    実施時期:試験期間外

全3回の小テスト(レポート)90%(各30点×3回)、その他授業内課題、参加度など10%

学 生 へ の
メ ッ セ ー ジ
(その他注意等)

舞台芸術作品には、それぞれの時代の関心事や問題が反映されています。また現代芸術に真に向かい合うためには、古典について知ることが不可欠です。作品鑑賞を楽しみながら、現代を生き抜く知恵を作品から学びましょう。なお、芸術の楽しみA(音楽)と関連しているほか、レポートの作成法については大学基礎演習(安川)を履修することで応用できます。

教科書・参考書 書 名 著 者 名 出 版 社 名 定 価(円)
参考書

西洋演劇論アンソロジー

山下純照・西洋比較演劇研究会編 月曜社 3,600円
参考書

《悪魔のロベール》とパリ・オペラ座―19世紀グランド・オペラ研究

澤田肇、佐藤朋之、黒木朋興、安川智子、岡田安樹浩編 上智大学出版 2,600円
参考書

モーツァルトのオペラ 全21作品の解説

松田聡 音楽之友社 3,520円
参考書

オペラ 愛の壊れるとき 名作がしかける涙のレトリック

長木誠司 音楽之友社 2,750円
参考書

新イタリア・オペラ史

水谷彰良 音楽之友社 2,970円